1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. デザイン・広告 > 
  4. 村野藤吾のファサードデザイン

ムラノトウゴノファサードデザイン

村野藤吾のファサードデザイン

図面資料に見るその世界  

発売日 2013/02

判型 A4変型判   ISBN 978-4-336-05634-4

ページ数 176 頁   Cコード 0052

定価 4,104円 (本体価格3,800円)

内容紹介

日本を代表する建築家の一人である村野藤吾。その作品の主軸のひとつである、都市の街角を形づくるビルディング、劇場などのランドマーク的建築群に込められた独特の思想のありかを、遺された貴重な設計図をもとに読み解く。新規撮りおろし写真、初公開資料多数収録!

著者紹介

京都工芸繊維大学美術工芸資料館 (キョウトコウゲイセンイダイガクビジュツコウゲイシリョウカン)

村野藤吾の設計研究会 (ムラノトウゴノセッケイケンキュウカイ)

目次

巻頭グラビア 撮影:市川靖史
論 考:村野藤吾の都市への眼差し  松隈 洋

1.「森五商店東京支店(近三ビル)」1931年
  復興の街に結実する初志  石田潤一郎
2.「そごう百貨店(そごう大阪店)」1935年
  大大阪時代の名建築「そごう百貨店」  福原和則
3.「フジカワ画廊(現・フジカワビル)」1953年
  過剰なヴォイド――フジカワ画廊のファサードをめぐって  笠原一人
4.「丸栄百貨店(現・マルエイ本館)」1953年
  丸栄百貨店の2つのファサード  大平滋彦
5.「近映会館」1954年
  近映会館――戦後の阿倍野に投じた一石  竹内次男・小谷川勝
6.「ドウトン(現・コムラードドウトン)」1955年
7.「神戸新聞会館」1956年
  織り込まれた都市の文脈――神戸新聞会館の形態操作  笠原一人
8.「読売会館・そごう東京店(現・ビックカメラ有楽町店)」1957年
  形態操作と都市への開き方の間で  松隈 洋
9.「大阪新歌舞伎座」1958年
  「桃山風」の虚と実  石田潤一郎
10.「泉州銀行本店(現・池田泉州銀行泉州営業部)」1959年
  紀州街道沿いのファサード――泉州銀行本店  安達英俊
11.「輸出繊維会館」1960年
  素材と形から紡ぎだされる「船」  角田曉治  
12.「森田ビル(現・森田ビルディング)」1962年
  寡黙な「黒」に隠された重層性  角田暁治
13.「日本生命日比谷ビル(日生劇場)」1963年
  時代を超えるファサード――日本生命日比谷ビル  福原和則
14.「浪花組ビルディング(住実ビル/現・浪花組本社ビル)」1964年
  「時」を語る――“寓意”としての建築  西島業士
15.「千里南地区センター」1964年、65年、76年
  ニュータウンの「顔」をつくる――「つじつま合わせ」としての千里南地区センター  笠原一人
16.「村野・森建築事務所」1966年
  阿倍野という風景――村野・森建築事務所  安達英俊
17.「大阪ビルヂング八重洲口(現・八重洲ダイビル)」1967年
  スタイリッシュなファサードの実現  松隈 洋
18.「高橋ビル本館(現・アールビル本館)」1970年
  黒――街を映し出す壁  豊田充広
19.「日本生命岡山駅前ビル(現・岡山タカシマヤ)」1973年
  日本生命岡山駅前ビルのファサード  山田雄祐
20.「日本興業銀行本店(現・みずほコーポレート銀行本店)」1974年
  ガラス張りの近代建築を超えて  松隈 洋
21.「村野・森建築事務所(藤栄社心斎橋ビル)」1984年
 「場」を語る――"慎ましい"建築  西島業士

 インタビュー:塚本由晴氏に聞く――村野藤吾に何を読み取るのか
 インタビュー:酒井一光氏に聞く――村野藤吾の都市への振る舞い

 掲載図面データ
 村野藤吾関連年表

同じ著者・訳者の作品

村野藤吾とクライアント

村野藤吾建築の特性を代表的企業クライアント「近鉄」との関係性とその図面資料から解…

村野藤吾の住宅デザイン

代表作やこれまで注目されていなかった村野作品住宅、新発見の初期住宅設計などに込め…


ページトップへ