1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. アルプス高地での戦い

アルプスコウチデノタタカイ

アルプス高地での戦い

ラミュ小説集  

発売日 2012/06/14

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05510-1

ページ数 506 頁   Cコード 0097

定価 4,320円 (本体価格4,000円)

内容紹介

スイスを代表する国民的大作家ラミュの作品集。「デルボランス」「民族の隔たり」「アルプス高地での戦い」を収録。

著者紹介

シャルル=フェルディナン・ラミュ (シャルルフェルディナンラミュ)

Charles-Ferdinand Ramuz(1878-1947)。スイスの小説家。故郷スイスの自然と習俗を題材に、フランス語で多くの農民小説を書いた。『山中の大いなる恐怖』La Grande peur dans la montagne(1926)、『陽がまた昇らなければ』Si le soleil ne revenait pas(1937)などがある。

佐原隆雄 (サハラタカオ)

目次

日本語版への序
デルボランス
民族の隔たり
アルプス高地での戦い
解説 ラミュの人と作品について
訳者あとがき

同じ著者・訳者の作品

スイス人サミュエル・ブレの人生 ラミュ小説集Ⅲ 

スイスが誇る大小説家ラミュの傑作長篇小説を集めたシリーズ第三弾。本邦初訳となる教…

アルプスの恐怖

20年の時を経て、のどかな山の村を再び襲った恐怖の出来事とは。表題作のほか、「ア…


ページトップへ