1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 日本史古代 > 
  4. 田中卓著作集 11-Ⅰ 神社と祭祀
  1. トップページ > 
  2. 神道 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 田中卓著作集 11-Ⅰ 神社と祭祀

オンデマンド版

ジンジャトサイシ

田中卓著作集 11-Ⅰ  神社と祭祀

田中卓

発売日 2012/02/25

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05492-0

ページ数 630 頁   Cコード 3321

定価 10,800円 (本体価格10,000円)

内容紹介

伊勢神宮〔1~3〕・出雲大社〔4~6〕・住吉大社〔7~13〕に関する論考、平泉寺白山神社〔14〕・真清田神社〔15〕・豊前国薦神社〔16〕の創祀に関する研究、神祇史に関する個別の論文〔17~22〕で構成。

※オンデマンド版のため、ご発注いただいてからお送りするまで2週間程度かかります。あらかじめご了承下さい。

著者紹介

田中卓 (タナカタカシ)

 大正12年12月12日生れ(大阪市)
 昭和20年9月東京帝国大学文学部国史学科を卒業
 昭和35年4月文学博士(旧制)
 府立大阪社会事業短期大学教授を経て、昭和37年4月から皇學館大学教授、平成4年4月から同大学大学院教授、平成6年6月から同大学名誉教授、平成23年7月から同大学学事顧問
 昭和48年12月皇學館大学文学部長
 昭和55年4月から昭和63年3月まで皇學館大学学長
 著書・『住吉大社神代記』『出雲国風土記の研究』『神宮の創祀と発展』『愛国心の目覚め』『住吉大社史』(上・中巻)『概説日本史』(改題『教養日本史』)『祖国を見直そう』『祖国は呼びかける』『日本古典の研究』『日本国家成立の研究』『海に書かれた邪馬台国』『古代天皇の秘密』『皇国史観の対決』『伊勢神宮と式年遷宮』『歴史と伝統』『田中卓著作集』12冊(国書刊行会)『田中卓評論集』4冊(青青企画)
 編著・『維新の歌―幕末尊皇志士の絶唱ー』『白山神社史』『真清田神社史』ほか
 校訂・『新撰姓氏録』(神道大系)・『神道五部書』(神道大系)・『風土記』(神道大系)

目次

一、天下無双の祭儀――神宮第六十回御遷宮に奉仕して
二、伊勢神宮をめぐる古伝の復活
三、神道五部書の解題
四、出雲大社について――創祀より中世までの概略
五、出雲荒神谷は国譲りの遺跡か
六、神無月(十月)と出雲国との関係
七、住吉大社の顕現
八、神功皇后〝実在〟論とその意義――雑誌『悠久』誌上での論争に関連して
九、神功皇后の〝非実在説〟批判
十、八十嶋祭の研究
十一、再び八十嶋祭について――岡田精司氏説の批判
十二、大嘗祭と八十嶋祭
十三、「墨江」と「住吉」――八木意知男氏の新説に答へて
十四、平泉寺白山神社の創祀
十五、真清田神社の創祀と発展
十六、豊前国薦神社の創祀――『八幡宇佐宮御託宣集』の信憑性をめぐつて
十七、神道なくして天皇なし
十八、〝天壌無窮〟の神勅について
十九、神嘗・相嘗・新嘗・大嘗の関係について
二十、仏教の需要をめぐつて――物部氏と蘇我氏との関係
二十一、聖武天皇の神祇崇敬
二十二、今上天皇の即位礼と大嘗祭を省みて

解説 所功

同じ著者・訳者の作品

田中卓著作集 7 住吉大社神代記の研究

「住吉大社神代記」原本の写真版を巻頭に掲げ、正確な校訂と訓解及び解説を施した。原…

田中卓著作集 3 邪馬台国と稲荷山刀銘

邪馬台国の所在と上代特殊仮名遣・邪馬台国新論・稲荷山古墳出土の刀銘の3篇で構成す…

出陣学徒の終戦史録

本書は大東亜戦争を体験した一青年の終戦記録。第一は海軍経理学校の本土決戦の具体策…


>> もっと見る

ページトップへ