1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. 乱視読者のSF講義
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. 乱視読者のSF講義

ランシドクシャノエスエフコウギ

乱視読者のSF講義

若島正

発売日 2011/11/21

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05441-8

ページ数 320 頁   Cコード C0098

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

冒険、帰還、英米短篇講義、新冒険、ミステリ散歩と続く乱視読者シリーズ第6弾はSF講義! ウェルズからレムまで、作品の魅力を丁寧かつ明快に読み解く「乱視読者のSF短篇講義」(SFマガジン連載)を中心に、SF関連エッセイ・作家論を集成。2011年SFセミナーでの講義を元にしたジーン・ウルフ論ではウルフの短篇”サー・ガブリエル”全訳を併せて収録。

著者紹介

若島正 (ワカシマタダシ)

1952年生まれ。京都大学大学院修了。京都大学大学院文学研究科教授。著書に『乱視読者の英米短篇講義』(研究社、第55回読売文学賞随筆・紀行賞受賞)、『乱視読者の帰還』(みすず書房、平成14年度本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)、訳書にナボコフ『ロリータ』(新潮社)、『透明な対象』(国書刊行会、共訳)、スタージョン『海を失った男』(晶文社、編訳)など。

目次

*乱視読者のSF短篇講義

前口上  
第一回 H・G・ウェルズ「ザ・スター」 
第二回 スタンリイ・G・ワインボウム「火星のオデッセイ」 
第三回 H・P・ラヴクラフト「宇宙からの色」 
第四回 レイ・ブラッドベリ「イラ」  
第五回 ロバート・A・ハインライン「輪廻の蛇」  
第六回 シオドア・スタージョン「海を失った男」
第七回 アルフレッド・ベスター「ピー・アイ・マン」  
第八回 サミュエル・R・ディレイニー「コロナ」  
第九回 アーシュラ・K・ル・グィン「オメラスから歩み去る人々」 
第十回 トマス・M・ディッシュ「アジアの岸辺」
第十一回 フィリップ・K・ディック「にせもの」  
最終回 スタニスワフ・レム「GOLEM XIV」  

*乱視読者のSF夜ばなし

最大の幻視作家――H・G・ウェルズ
オールディスのウェルズ論から
オールディスとバンクスの“難解”小説
ウォマック降臨!――ジャック・ウォマック『ヒーザーン』  
これは小説ではない――ジョン・スラデック『煙々たる歴史』  
危険なヴィジョンの最後  
魔法・魅惑・奇術――クリストファー・プリースト『奇術師』  
哀しいロボット――バリントン・J・ベイリー『光のロボット』
オーストラリア便り、あるいは境界なき読書について 
暑い夏の記憶――イアン・ワトスン『エンベディング』 
瓦礫の中から一冊だけ救い出される本――エドガー・パングボーン『デイヴィー』
スタージョン短篇全集を讃える 
現在を見つめる視線――『J・G・バラードの千年王国ユーザーズガイド』  
もっともさもしい世界――R・A・ラファティ『地球礁』
ヴォネガットのSF嫌い 
不完全な真空――スタニスワフ・レム『完全な真空』

*ジーン・ウルフなんてこわくない

「デス博士の島その他の物語」ノート 
汲みつくされることがない大傑作――ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』 
『ケルベロス第五の首』を読む――柳下毅一郎さんとの対談 
《新しい太陽の書》と読者 
ナボコフ読みの目から眺めたウルフ
乱視読者の出張講義――ジーン・ウルフ篇 

あとがき――とうに夜半をすぎて 

索引

同じ著者・訳者の作品

誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?

悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非…

鳥の巣

私のなかで、4人の私のバトルが始まる―― 人間心理の奥底にある不安感と恐怖と狂…

人形つくり

新海外文学シリーズ〈ドーキー・アーカイヴ〉第1弾! 独特のエロティシズムと精緻な…


>> もっと見る

ページトップへ