1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. 別名S・S・ヴァン・ダイン
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 別名S・S・ヴァン・ダイン

ベツメイエスエスヴァンダイン

別名S・S・ヴァン・ダイン

ファイロ・ヴァンスを創造した男  

発売日 2011/09/20

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05416-6

ページ数 454 頁   Cコード 0098

定価 4,104円 (本体価格3,800円)

内容紹介

本格ミステリの巨匠ヴァン・ダインの栄光と悲劇。
1920~30年代、『グリーン家殺人事件』『僧正殺人事件』他の名探偵ファイロ・ヴァンス・シリーズで一世を風靡した探偵作家「S・S・ヴァン・ダイン」は、文芸編集者・美術評論家ウィラード・ハンティントン・ライトが苦境時代に打って出た最後の賭けだった。アメリカ文学の向上に情熱を燃やし、モダニズム美術の紹介に奔走した青年時代から、幾度の挫折の後、別名で挑んだ探偵小説創作で絶大な成功をおさめながら、浪費癖と人気急落で不本意な仕事を強いられた晩年まで、大戦間のアメリカ探偵小説界に強烈な輝きを放ち、消えていった巨星ヴァン・ダインの生涯を丹念な調査によって初めて明らかにした傑作伝記。MWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞受賞作。

著者紹介

ジョン・ラフリー (ジョン・ラフリー)

アメリカの美術・文芸評論家。
『ジョン・スローン――絵画と反逆者』 (1996) はピュリッツァー賞候補となった。
他にゲイの文化や歴史に関する著作等がある。

清野泉

筑波大学第一学群社会学類卒業。訳書に、グラディス・ミッチェル『ウォンドルズ・パーヴァの謎』(河出書房新社)、ロバート・トゥーイ『物しか書けなかった物書き』(共訳、河出書房新社)がある。

目次

謝辞


<スマート・セット>とともに
セアの逆襲
生い立ち
メンケン一派
シンクロミズムの誕生
近代美術のための戦い
文学者として
批評家とスパイ
後退
影の中で
S・S・ヴァン・ダイン
新しい生活
過去との決別
ケンネル、ドラゴン、カジノ
晩年
整然とした最期

文献注
ヴァン・ダインと日米探偵小説
W・H・ライト著作リスト
参考文献
索引

同じ著者・訳者の作品

道化の死

〈五人の息子たちによる剣のモリスダンス〉の最中、道化役の青年が首を切り落とされて…


ページトップへ