1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 日本美術 > 
  4. 近代日本彫刻集成 昭和前期編

キンダイニホンチョウコクシュウセイ ショウワゼンキヘン

近代日本彫刻集成 昭和前期編

発売日 2013/05/29

判型 A4変型判   ISBN 978-4-336-05232-2

ページ数 754 頁   Cコード 0371

定価 57,240円 (本体価格53,000円)

内容紹介

大正期の自由な雰囲気をのこしつつ美術界が隆盛を極めた昭和戦前期から全体主義の戦争の時代、さらに第二次世界大戦後の文化の復興が叫ばれた時期の、主要な彫刻家、現在ではほとんど知られていない彫刻家、「彫刻」と他の造形分野との間で活動した作家たちの優れた作品について、カラー約100点、モノクロ約200点を収録する。カラー作品には詳細な作品解説を付し、図版で取りあげた作家すべてについて「作家紹介」で詳しく紹介するとともに、詳細な参考文献を付す。

著者紹介

田中修二 (タナカシュウジ)

1968年京都生まれ。大分大学教育学部教授/博士(文学)。1999年成城大学大学院文学研究科美学・美術史専攻博士課程後期修了。専門は近現代日本美術史、とくに彫刻と京都の絵画。
主な著書に、『近代日本最初の彫刻家』(吉川弘文館)、『彫刻家・新海竹太郎論』(東北出版企画)。共著に『すぐわかる日本の美術』(東京美術)、『竹内栖鳳とその弟子たち』(思文閣出版)、『日本近現代美術史事典』(東京書籍)、『Since Meiji:Perspectives on the Japanese visual arts, 1868-2000』(University of Hawai'i Press)など。編著『近代日本彫刻集成』(全3巻、国書刊行会)で第26回倫雅美術奨励賞受賞。

同じ著者・訳者の作品

近代日本彫刻史

近代日本彫刻史

田中修二

定価15,120円(税込)

工芸的な造形なども含め彫刻という領域を広く考察し、江戸時代から明治期、および昭和…

近代日本彫刻集成 明治後期・大正編

文展の開設とロダンの影響により日本における「彫刻」の位置づけが明確になっていった…

近代日本彫刻集成 幕末・明治編

仏師や大工や工芸師たちが「彫刻家」として立ち上がる、日本彫刻史の黎明期にあたる幕…


ページトップへ