1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 海外美術 > 
  4. ボディ・クリティシズム
  1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 西洋史・西洋思想 > 
  4. ボディ・クリティシズム
  1. トップページ > 
  2. 自然科学・医学・実用 > 
  3. 医学 > 
  4. ボディ・クリティシズム

ボディクリティシズム

ボディ・クリティシズム

啓蒙時代のアートと医学における見えざるもののイメージ化  

発売日 2006/12/25

判型 菊判   ISBN 978-4-336-04817-2

ページ数 752 頁   Cコード 0010

定価 8,640円 (本体価格8,000円)

内容紹介

18世紀に飛躍的に進行した〈知識の視覚化〉の諸相を、怪物、廃墟、解剖学、疾病、顕微鏡、百科全書など興味深い話題を取り上げながら、厖大な図版資料によって論じた身体論・視覚文化論の一大傑作。

著者紹介

バーバラ・M・スタフォード (バーバラスタフォード)

高山宏 (タカヤマヒロシ)

1947年生まれ。東京大学人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学教授。著書に『アリス狩り』、『目の中の劇場』(青土社)、『世紀末異貌』(三省堂)、『奇想天外・英文学講義』(講談社)、『殺す・集める・読む』(創元ライブラリ)、訳書にバロルスキー『とめどなく笑う』(ありな書房、共訳)、シャーマ『記憶と風景』(河出書房新社、共訳)、『レンブラントの目』(河出書房新社)など多数。

同じ著者・訳者の作品

幻想文学大事典

ゴシック・ロマンスからモダンホラーまで、古今の幻想作家300人余の経歴と作品解説…

アナモルフォーズ 

ルネサンスが生んだ視線の神話〈遠近法〉を破壊するアナモルフォーズ、歪曲遠近法の系…


>> もっと見る

ページトップへ