1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. デス博士の島その他の物語

デスハカセノシマソノタノモノガタリ

デス博士の島その他の物語

発売日 2006/02/01

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-04736-6

ページ数 418 頁   Cコード 0397

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

カタログダウンロード

内容紹介

〈もっとも重要なSF作家〉ジーン・ウルフ、本邦初の中短篇集。孤独な少年が読んでいる物語の登場人物と現実世界で出会う表題作他、華麗な技巧と語りを凝縮した全5篇+限定本に付されたまえがきを収録。

著者紹介

ジーン・ウルフ (ジーンウルフ)

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

浅倉久志 (アサクラヒサシ)

1930年~2010年。大阪外事専門学校英米科(現大阪大学外国語学部)卒。十数年の会社員生活を経て、1962年からSFの翻訳を始める。訳書にヴォネガット『タイタンの妖女』、ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』、ラファティ『九百人のお祖母さん』、ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』(以上ハヤカワ文庫SF)、F・ライバー《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズ(創元推理文庫)など、編訳書に『ユーモア・スケッチ傑作展1~3』(早川書房)、『ユーモアSF傑作選1~2』(講談社文庫)などがある。

伊藤典夫 (イトウノリオ)

1942年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にディレイニー『アインシュタイン交点』、ヴォネガット『猫のゆりかご』、オールディス『地球の長い午後』(以上ハヤカワ文庫SF)など。

柳下毅一郎 (ヤナシタキイチロウ)

1963年生まれ。東京大学工学部卒。英米文学翻訳家・映画評論家。著書に『愛は死より冷たい』(洋泉社)、『興行師たちの映画史』(青土社)、『シー・ユー・ネクスト・サタディ』(ぴあ)など。訳書に『クラッシュ』(J・G・バラード/ペヨトル工房)、『地球礁』(R・A・ラファティ/河出書房新社)、『遊星よりの昆虫軍X』(ジョン・スラデック/早川書房)、『ケルベロス第五の首』(ジーン・ウルフ/国書刊行会)、『輝く断片』(シオドア・スタージョン/河出書房新社/共訳)など多数。

同じ著者・訳者の作品

スペース・オペラ

ヴァンス渾身の本格的スペース・オペラ巨篇!……ではなく、宇宙を渡り歩く歌劇(オペ…

宇宙探偵マグナス・リドルフ

ある時は沈毅なる老哲学者、ある時は知謀に長けた数学者、しかしてその実体は宙を駆け…

ウィザード Ⅰ

ウィザード Ⅰ

ジーン・ウルフ
安野玲

定価2,592円(税込)

ドラゴンとの激闘の末、サー・エイブルがスカイからもどってきた! 天翔る馬クラウド…


>> もっと見る

ページトップへ