1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. レイトン・コートの謎

リトンコートノナゾ

レイトン・コートの謎

発売日 2002/12/27

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-04436-5

ページ数 328 頁   

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

カタログダウンロード

内容紹介

ある夏の日の朝、額を撃ち抜かれた実業家の死体が書斎で発見された。警察の見解は自殺に傾いていたが、現場に居合わせた作家シェリンガムは素人探偵の名乗りをあげる。巨匠バークリーの輝かしい出発点。

著者紹介

アントニイ・バークリー (アントニイバークリー)

1893年~1971年。オクスフォード大学卒業後、第一次世界大戦に陸軍大尉として従軍。その後雑誌『パンチ』の常連寄稿家としてユーモア小説などを発表し、1925年に「?」名義で出版した『レイトン・コートの謎』が評判となる。以降革新的な作風で推理小説を量産、人気を博した。

巴妙子 (トモエタエコ)

一九六三年長崎市生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。翻訳家。訳書にワイルド『悪党どものお楽しみ』(国書刊行会)、『探偵術教えます』(晶文社近刊)などがある。

同じ著者・訳者の作品

ジャンピング・ジェニイ

人気作家の家で開かれた仮装パーティの席上、過激な言動で周囲の顰蹙をかっていた女性…

悪党どものお楽しみ

プロの賭博師ビル・パームリーは引退後、その知識と経験をいかしていかさま師の巧妙な…

地下室の殺人

新居に越してきた新婚夫婦が地下室の床から掘り出したのは、若い女性の腐乱死体だった…


>> もっと見る

ページトップへ