1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近世文学 > 
  4. 復讐奇談安積沼/桜姫全伝曙草紙

フクシュウキダンアサカノヌマ/サクラヒメゼンデンアケボノゾウシ

復讐奇談安積沼/桜姫全伝曙草紙

発売日 2002/06/11

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04401-3

ページ数 430 頁   

定価 3,780円 (本体価格3,500円)

内容紹介

親の敵を尋ねる美少年、妻の密通相手に殺される小平次、孝子の復讐と怨霊の祟りを描く『安積沼』。恋に狂う破戒僧清玄、怪異に魘されて離魂病を患う桜姫、美女玉琴の怨霊に翻弄される人々を描く『曙草紙』。

著者紹介

山東京伝 (サントウキョウデン)

宝暦11年(1761)~ 文化13年(1816)。江戸時代の浮世絵師、戯作者。多彩な作品を量産し人気を得るが、寛政の改革で手鎖の処罰を受けた。

須永朝彦 (スナガアサヒコ)

1946年、栃木県生まれ。歌人・作家。 著書に、「鉄幹と晶子 」(評伝)、「東方花傳」(歌集)、「就眠儀式」(吸血鬼譚集)等がある。

復讐奇談安積沼/桜姫全伝曙草紙


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

新編・日本幻想文学集成 第5巻

江戸川乱歩、稲垣足穂、佐藤春夫、宇野浩二を収録。大正幻想をバックボーンに異形の文…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。

新編・日本幻想文学集成 第3巻

湖の畔に建つ不可思議な別荘……その美しい奴隷たちが主人の奇妙な生活を語り出す「天…


>> もっと見る

ページトップへ