1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. 四人の申し分なき重罪人

ヨニンノモウシブンナキジュウザイニン

四人の申し分なき重罪人

発売日 2001/08/12

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-04241-5

ページ数 316 頁   

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

内容紹介

人望あつい総督はなぜ狙撃されたか、事件の意外な真相を明かす「穏和な殺人者」他、「頼もしい薮医者」「不注意な泥棒」「忠義な反逆者」の4中篇を収録。奇妙な論理とパラドックスが支配する不思議な世界。

著者紹介

G・K・チェスタトン (ギルバート・ケイスチェスタトン)

1874年~1936年。英国の小説家・批評家。「ブラウン神父」ものの推理小説でも有名。

西崎憲 (ニシザキケン)

1955年青森県生まれ。作家、翻訳家、アンソロジスト、音楽レーベル主宰。著書に『世界の果ての庭』(東京創元社)、『蕃東国年代記』(新潮社)『ゆみに町ガイドブック』(河出書房新社)、『飛行士と東京の雨の森』(筑摩書房)。訳書にA・バークリー『第二の銃声』(東京創元社)、『ヴァージニア・ウルフ短篇集』G・K・チェスタトン『四人の申し分なき重罪人』『エドガー・アラン・ポー短篇集』『ヘミングウェイ短篇集』(以上ちくま文庫)編訳書に『短篇小説日和』『怪奇小説日和』(ちくま文庫)がある。

同じ著者・訳者の作品

ピース

ピース

ジーン・ウルフ
西崎憲館野浩美

定価2,592円(税込)

『ケルベロス第五の首』の巨匠ウルフ、初期傑作長篇がついに刊行。美しい謎につつまれ…

求む、有能でないひと

逆説のモラリストが新聞、雑誌等に発表した痛烈時事エッセイをピックアップ。科学技術…

第二の銃声

探偵作家の邸で行なわれた殺人劇の最中、本物の死体が転がり出した。殺されたのは名う…


>> もっと見る

ページトップへ