1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. アジア文学 > 
  4. 鹿港からきた男

ルーカンカラキタオトコ

鹿港からきた男

発売日 2001/06/12

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04135-7

ページ数 360 頁   

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

台湾の現実をリアルに描いた黄春明。自らの郷土を舞台にした王禎和。台湾の変貌する農村を描いた宋沢萊。70年代の郷土文学全盛期に本格的活動を始め、確かなリアリズムが評価されている作家たちの作品集。

著者紹介

王禎和 (オウテイワ)

宋沢萊

王拓 (オウタク)

黄春明 (コウシュンメイ)

山口守 (ヤマグチマモル)

一九五三年、長野県生まれ。東京都立大学大学院博士課程修了。現在、日本大学文理学部教授。著書に『巴金的世界』(共著、北京・東方出版社)、訳書に、アイダ・プルーイット『北京の想い出 1926―38』(平凡社)、巴金『リラの花散る頃』、史鉄生『遙かなる大地』、白先勇・張系国他『バナナボート』(監修)(以上、宝島社)、白先勇・張系国他『台北ストーリー』(編訳)、黄春明・王禎和他『鹿港からきた男』(編訳)(以上、国書刊行会)などがある。

同じ著者・訳者の作品

台北人

新しい台湾の文学

台北人

白先勇
山口守

定価2,592円(税込)

失われた時間と場所への追想が生む哀愁のノスタルジア。歴史の大河に呑み込まれながら…

星雲組曲

タイムマシン、人工生命体、異星間通訳などSF的設定と幻想の中に人類の未来や社会批…

講座 台湾文学

講座 台湾文学

山口守 編著
藤井省三
河原功垂水千恵

定価2,376円(税込)

複数の言語・民族からなる豊かな台湾文学の世界を一望する入門書。苦難の歴史を乗り越…


>> もっと見る

ページトップへ