1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. アジア文学 > 
  4. 迷いの園

マヨイノソノ

迷いの園

発売日 1999/03/14

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04131-9

ページ数 370 頁   

定価 3,024円 (本体価格2,800円)

内容紹介

台湾の旧家に生まれ育った現代的女性を主人公に、その激しい恋の行方と亡き父の思い出とを、戦後台湾の歩みに重ね合わせて描いた長編小説。ポルノか文学かと論議を巻き起こした新しい女性の文学の試み。

著者紹介

李昂 (リ)

藤井省三 (フジイショウゾウ)

一九五二年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程修了。現在、東京大学文学部教授。文学博士。著書に、『魯迅事典』(三省堂)、『中国映画――百年を描く、百年を読む』(岩波書店)、『現代中国文化探検――四つの都市の物語』(岩波書店)、訳書に、李昂『夫殺し』(宝島社)、鄭義『中国の地の底で』(朝日新聞社)、同『神樹』(朝日新聞社)、莫言『酒国』(岩波書店)などがある。

櫻庭ゆみ子 (サクラバユミコ)

一九六一年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。現在、慶応義塾大学商学部講師。共訳書に鄭義『中国の地の底で』(朝日新聞社)など。

同じ著者・訳者の作品

自伝の小説

新しい台湾の文学

自伝の小説

李昂
藤井省三

定価3,024円(税込)

台湾共産党創設者である実在の女性を主人公に、上海・モスクワ・台北などを舞台として…

講座 台湾文学

講座 台湾文学

山口守 編著
藤井省三
河原功垂水千恵

定価2,376円(税込)

複数の言語・民族からなる豊かな台湾文学の世界を一望する入門書。苦難の歴史を乗り越…

ヴィクトリア倶楽部

香港最古の倶楽部で起きた収賄事件。植民地での特権を謳歌する英国人やその周囲に群が…


ページトップへ