1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 消えた太陽
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 消えた太陽

キエタタイヨウ

消えた太陽

発売日 1999/06/02

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-03836-4

ページ数 278 頁   

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

「荒野の心」「犬通りの出来事」「森の泥棒」他、革命の嵐吹き荒れるなか、海への憧れとロマンティックな幻想を終生追い続け、ロシア中で愛読されてきた作家グリーンが紡ぎだす冒険と恐怖、愛の奇蹟の物語。

著者紹介

アレクサンドル・グリーン (アレクサンドルグリーン)

沼野充義 (ヌマノミツヨシ)

1954年,東京生まれ。東京大学卒,ハーバード大学スラヴ語学文学科に学ぶ。ワルシャワ大学講師を経て,現在,東京大学教授。著書に『徹夜の塊 亡命文学論』(作品社),『徹夜の塊 ユートピア文学論』(作品社),『W文学の世紀へ』(五柳書院),『ユートピアへの手紙』(河出書房新社),『200X年文学の旅』(共著,作品社),編著書に『東欧怪談集』(河出文庫),『世界×現在×文学 作家ファイル』(共編,国書刊行会),『世界は文学でできている』(光文社)などがある。

岩本和久 (イワモトカズヒサ)

同じ著者・訳者の作品

短篇ベスト10

ポーランドで刊行されたベスト短篇集をもとに『ロボット物語』や泰平ヨンものから「マ…

天の声・枯草熱

偶然受信された宇宙からのメッセージは何を意味するのか。学者たちの論議をたどりなが…

高い城・文学エッセイ

第二次大戦直前のルヴフで暮らした少年時代を、情感豊かに綴った自伝に、ディック、ウ…


>> もっと見る

ページトップへ