1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 赤い館
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 赤い館

アカイヤkタ

赤い館

発売日 1996/10/07

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-03833-3

ページ数 274 頁   

定価 2,516円 (本体価格2,330円)

内容紹介

不気味な幽霊屋敷に次々に出現する怪異と凄惨きわまる結末、深い戦慄を誘う名作「ゴースト・ハント」をはじめ、「死の勝利」「不死鳥」他、近代怪奇小説の頂点をきわめたウエイクフィールドの恐怖短篇を精選。

著者紹介

H.R.ウエイクフィールド (ハーバートラッセルウエイクフィールド)

倉阪鬼一郎 (クラサカキイチロウ)

一九六〇年三重県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒、同大学院日本文学専攻中退。作家・翻訳家・俳人。著書に短篇集「怪奇十三夜」、句集「怪奇館」など、訳書にウエイクフィールド「赤い館」(共訳・国書刊行会)、「怪奇小説の世紀」(共訳・国書刊行会)などがある。

赤い館


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

カリブ諸島の手がかり

南米の元独裁者をめぐる毒殺事件「亡命者」から、ミステリ史上類を見ない異常な傑作「…

銀の仮面

孤独な中年女性の日常への美しくも不気味な侵入者をえがいて、乱歩が〈奇妙な味〉の傑…


ページトップへ