1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ラテンアメリカ文学 > 
  4. 遠い女 

トオイオンナ

遠い女 

ラテンアメリカ短篇集  

発売日 1996/10/07

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03599-8

ページ数 276 頁   

定価 2,097円 (本体価格1,942円)

内容紹介

コルタサル「遠い女」「天国の門」、ムヒカ・ライネス「航海者たち」他、ビオイ=カサーレス、パス等、豊かな物語性と前衛的なスタイルによって現代文学に衝撃を与えてきたラテンアメリカ文学の精髄を収録。

著者紹介

フリオ・コルタサル (フリオコルタサル)

1914年~1984年。ブリュッセルに生まれる。少年の頃から英・米・仏の古典文学、さらにはシュルレアリストらの作品を愛読。1951年渡仏後、前衛的手法と文体を駆使した問題作を次々に発表し、ラテンアメリカ文学の代表的作家となる。

木村榮一 (キムラエイイチ)

1943年大阪生まれ。神戸市外国語大学卒業。現在同大学教授。訳書にコルタサル「遊戯の終り」「秘密の武器」(国書刊行会)、バルガス=リョサ「緑の家」(新潮社)、カブレラ=インファンテ「亡き王子のためのハバーナ」(集英社)、フェンテス「聖域」(国書刊行会)などがある。

遠い女 


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

エバ・ルーナのお話

お話の名人エバ・ルーナが、愛と裏切り、幻想と冒険、さまざまな物語の糸を紡いで織り…

精霊たちの家

前世紀末からチリ・クーデターまでの1世紀を舞台に、奇想天外なエピソードと奇態な人…


>> もっと見る

ページトップへ