1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. 人工心臓

ジンコウシンゾウ

人工心臓

発売日 1994/09/22

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03564-6

ページ数 330 頁   

定価 2,621円 (本体価格2,427円)

内容紹介

恋の敗者から勝者への恐るべき贈り物、SFミステリの名作「恋愛曲線」、コレラ流行下の犯罪を描く「死の接吻」他、科学者の冷徹な視線と黒いユーモアが交錯する犯罪小説集。解説・長山靖生

著者紹介

小酒井不木 (コザカイフボク)

1890年、愛知県に生まれる。本名小酒井光次。東京帝国大学医学部卒業。東北帝国大学教授。生理学・血清学の研究で国際的な業績をあげる傍ら、「犯罪文学研究」「殺人論」などのエッセイを「新青年」他に発表、幅広い人気を博した。医学的知識を活かした特異な探偵小説、ドゥーゼやチェスタトンの翻訳、評論、随筆など多方面で活躍、探偵小説勃興期に大きな足跡を残した。代表作に「人工心臓」「恋愛曲線」「疑問の黒枠」「闘争」など。1929年死去。

同じ著者・訳者の作品

殺人論

殺人論

小酒井不木

定価2,935円(税込)

人は何故〈殺人〉に魅せられるのか――医学博士、探偵作家にして犯罪学の権威小酒井不…

犯罪文学研究

犯罪文学研究

小酒井不木

定価2,935円(税込)

西鶴・馬琴の裁判小説、北条団水の詐欺譚、近松とシェークスピアにおける殺人比較論な…


ページトップへ