1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. スペイン文学 > 
  4. ピカレスク小説名作選

ピカレスクショウセツメイサクセン

ピカレスク小説名作選

発売日 1997/09/02

判型 A5判   ISBN 978-4-336-03555-4

ページ数 378 頁   

定価 5,184円 (本体価格4,800円)

内容紹介

スペイン悪漢#ピカレスク#小説の代表作2選。卑しい出自のパブロスは奸計を弄して貴族社会への参入を試みる。「ペテン師ドン・パブロスの生涯」、《ピカロ》小説の先駆的作品「ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯」を収録。

著者紹介

フランシスコ・デ・ケベード (フランシスコデケベード)

牛島信明 (ウシジマノブアキ)

1940年生れ。東京外国語大学教授。主要著訳書--『反=ドン・キホーテ論』(弘文堂)、パス『弓と竪琴』(国書刊行会)、ガルシア・ロルカ『血の婚礼 他二篇』(岩波文庫)、セルバンテス『ドン・キホーテ』(岩波少年文庫)ほか。

竹村文彦 (タケムラフミヒコ)

1958年生れ。東京大学助教授。主要訳書--パス『泥の子供たち』(水声社)、『ピカレスク小説名作選』(共訳、国書刊行会)ほか。

同じ著者・訳者の作品

序文つき序文集

生ける図書館ボルヘスが、自らが鍾愛する作家の作品に付した序文集。ルイス・キャロル…

ボルヘスの「神曲」講義

「あらゆる文学の頂点に立つ作品」とボルヘスがたたえる、ダンテの『神曲』をめぐる9…

論議

文学、哲学、神秘主義、映画、レトリックについて縦横自在に語ったボルヘスの重要エッ…


>> もっと見る

ページトップへ