1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. 愉しいビーダーマイヤー
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 愉しいビーダーマイヤー

タノシイビーダーマイヤー

愉しいビーダーマイヤー

19世紀ドイツ文化史研究  

発売日 1993/03/16

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03464-9

ページ数 382 頁   

定価 3,565円 (本体価格3,301円)

内容紹介

1815年のウィーン会議から48年革命までの小春日和のようなひととき、ビーダーマイヤー時代。生活史、社会事件、奇人伝等、豊富な逸話を集め、小さなもの、ささやかなものへのいとおしみを語る文化史散歩。

著者紹介

前川道介 (マエカワミチスケ)

1923年~2010年。京都大学大学院中退。同志社大学名誉教授。著書に、「ドイツ怪奇文学入門」(綜芸社)、「ドイツ怪奇物語」(潮文社)、訳書に「ドイツ・ロマン派全集」全22巻、「現代ドイツ幻想短篇集」(ともに国書刊行会、編集・共訳)、エーヴェルス「プラークの大学生」、ハルボウ「メトロポリス」(ともに東京創元社)などがある。

同じ著者・訳者の作品

独逸怪奇小説集成

独逸怪奇小説集成

前川道介

定価5,184円(税込)

エーヴェルス、ホーフマンスタール、クビーン、シェーアバルト――19世紀から20世…

月下の幻視者

ロマン主義者の多彩な創作活動の粋を集めた魅惑の1巻。世界成就の天上的歓喜と世界破…

ホフマン

17世紀ローマの謝肉祭を背景にした仮面喜劇「ブランビラ姫」はボードレールをして「…


>> もっと見る

ページトップへ