1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 吉田健一

ヨシダケンイチ

吉田健一

饗宴  

発売日 1993/01/11

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03226-3

ページ数 230 頁   

定価 1,888円 (本体価格1,748円)

内容紹介

ユニークな文体で独自の優雅な文学空間をかたちづくる吉田健一の世界。「海坊主」「空蟬」「道端」「或る田舎町の魅力」「逃げる話」「沼」「邯鄲」「ホレス・ワルポオル」「酒の精」ほか11編。

著者紹介

吉田健一 (ヨシダケンイチ)

1912年、東京生まれ。父吉田茂に従って海外各地で育った。ポーやヴァレリーの翻訳から文学活動を開始し、反ロマン主義的批評を数多く執筆するかたわら、『瓦礫の中』など多くの小説も手掛けた。主な著作に『吉田健一全集』がある。

富士川義之 (フジカワヨシユキ)

1938年生まれ。評論家・英文学者。著者に、『風景の詩学』『記憶のランプ』『幻想の風景庭園』など。

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…

新編・日本幻想文学集成 第2巻

澁澤龍彦、吉田健一、花田清輝、幸田露伴の作品全46編を収録。小説なのかエッセイな…


>> もっと見る

ページトップへ