1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 幸田露伴

コウダロハン

幸田露伴

ウッチャリ拾ひ  

発売日 1991/10/23

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03218-8

ページ数 290 頁   

定価 1,888円 (本体価格1,748円)

内容紹介

夢のなかの生と生のなかの夢が呼びかわす傑作「土偶木偶」ほか、「望樹記」「雪たたき」「新浦島」「ウッチャリ拾ひ」の小説と、「神仙道の一仙人」「芳野山の仙女」「楊貴妃と香」の随筆3篇を収録。

著者紹介

幸田露伴 (コウダロハン)

1867年、江戸下谷生まれ。1889年、処女作「露団々」で文壇の注目を集め、続く「風流仏」で文名を一躍高めた。1937年に第一回文化勲章を受章、1947年に亡くなるまで多くの小説・エッセイを遺す。明治・大正・昭和の三代にわたり活躍した近代幻想文学の巨人である。

種村季弘 (タネムラスエヒロ)

1933年~2004年。東京大学文学部独文科卒。國學院大學教授。著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』全8巻(河出書房新社)、訳書ホッケ『迷宮としての世界』美術出版社(共訳)、『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』(国書刊行会)などがある。

幸田露伴


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。


>> もっと見る

ページトップへ