1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 泉鏡花

イズミキョウカ

泉鏡花

化鳥  

発売日 1991/03/25

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03211-9

ページ数 288 頁   

定価 1,888円 (本体価格1,748円)

内容紹介

水辺で月光をすくう少女の怪異「光籃」。2人の天狗が人間をさらって皇室と将軍家の吉凶をうらなう「妖魔の辻占」。ほか「化鳥」「紅玉」「雨ばけ」「印度更紗」「伯爵の釵」「貴婦人」「処方秘箋」等全11篇。

著者紹介

泉鏡花 (イズミキョウカ)

1873-1939年。小説家。代表作に「高野聖」「草迷宮」「歌行燈」ほか。

須永朝彦 (スナガアサヒコ)

1946年、栃木県生まれ。歌人・作家。 著書に、「鉄幹と晶子 」(評伝)、「東方花傳」(歌集)、「就眠儀式」(吸血鬼譚集)等がある。

泉鏡花


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

英語版 絵本化鳥

50頁におよぶオールカラーの絵で文豪・泉鏡花の世界を完全絵本化し、ロングセラーを…

新編・日本幻想文学集成 第5巻

江戸川乱歩、稲垣足穂、佐藤春夫、宇野浩二を収録。大正幻想をバックボーンに異形の文…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。


>> もっと見る

ページトップへ