1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. 評論・随想集

ヒョウロンズイヒツシュウ

評論・随想集

発売日 1990/06/25

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03149-5

ページ数 340 頁   

定価 3,565円 (本体価格3,301円)

内容紹介

世紀末は文学が文学自身を問いはじめた時代である。この批評精神を看過してはこの時代を理解することはできない。ラフォルグ、バレス等の文学論から随想まで幅広い選択をおこなった本邦初のアンソロジー。

著者紹介

ラフォルグ (ラフォルグ)

曽根元吉 (ソネモトキチ)

同じ著者・訳者の作品

パルジファルの復活祭 

草原の古城に住まうアンドロギュヌスの王女、大貴族の末裔たる美貌の近親相姦の兄妹……


ページトップへ