1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. われらの戦前/フレーヌ獄中の手記

ワレラノセンゼンフレーヌゴクチュウノシュキ

われらの戦前/フレーヌ獄中の手記

発売日 1999/08/29

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03065-8

ページ数 436 頁   

定価 3,888円 (本体価格3,600円)

内容紹介

対独協力のかどにより35歳で銃殺刑に処せられた作者の青春と第2次大戦前のフランスを記した代表作と、逮捕、裁判から処刑にいたる半年の間にフレーヌ獄中で書きのこした手記より一部を収録。

著者紹介

ロベール・ブラジヤック (ロベールブラジヤック)

高井道夫 (タカイミチオ)

1948年、東京生まれ。上智大学大学院フランス文学博士課程修了。現在、上智大学外国学部フランス語学科教授。著書-『文学における神』(共著)、『キリスト教美術の誕生と展開』(共著)、『現代フランス語辞典』(共著)訳書-アンリ・ボグダン『東欧の歴史』、シャルル・ペギー『悲惨と歎願』(共訳)、ヘルマン・テュヒレ『キリスト教史』(共訳)ほか。

同じ著者・訳者の作品

七彩

戦雲たなびく悲劇の時代に青春を送る3人の若人の恋を、物語、手紙、日記、省察、対話…


ページトップへ