1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. リラダン  

リラダン  

リラダン  

最後の宴の客  

発売日 1992/07/24

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-03049-8

ページ数 170 頁   

定価 1,888円 (本体価格1,748円)

内容紹介

最愛の女ヴェラを失ったダトル伯爵は、愛の力によって亡妻の存在の幻を創り上げ、ついには彼女と天使の如き天上的な抱擁をとげる……リラダンの作中最も幻想的で、ポーの夢幻の世界に最も近接している作品とボルヘスが語る神秘的物語『ヴェラ』。死刑執行人の仕事を虎視眈々と狙う偏執狂のドイツの男爵『最後の宴の客』。拷問の精神的苦痛を描いた『希望』。残虐な王妃の復讐譚『王妃イザボー』ほか全七篇。

著者紹介

リラダン (リラダン)

1838-89。フランスの小説家・劇作家・詩人。主な作品に「残酷物語」「未来のイヴ」「アクセル」がある。

釜山健 (カマヤマタケシ)

井上輝夫 (イノウエテルオ)

リラダン  


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

千夜一夜物語

バベルの図書館

千夜一夜物語

井上輝夫

定価2,412円(税込)

旅の途中ババ・アブダラは謎の托鉢僧に出会った。僧が差し出す小箱に入った膏薬は、左…

詞華集

フランス世紀末はそのまま、象徴派の時代でもあった。マラルメ、ラフォルグ、レニエ、…


ページトップへ