1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 

ウズ

発売日 1989/07/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02733-7

ページ数 470 頁   

定価 3,670円 (本体価格3,398円)

内容紹介

妻の座に飽きたらず、ヴァイオリニストとしての成功を夢見るアルマ。だが静穏な生活を望む夫とは、心がすれ違ってゆく……。巨大な消費文化に呑みこまれた人々の狂騒を背景に、1人の女性の悲劇を描く名作。

著者紹介

G.ギッシング (ジョージギッシング)

太田良子 (オオタリョウコ)

東京都生まれ。東京女子大学文学部英米文学科卒。学位論文はT. S. エリオット。71~75年ロンドン在住。79年東京女子大学大学院英米文学研究科修士課程修了。修士論文はヘンリー・ジェイムズ。81年東洋英和女学院短期大学英文科に奉職。94~95年ケンブリッジ大学訪問研究員。98年より東洋英和女学院大学国際社会学部教授。日本文藝家協会会員。日本ペンクラブ会員。三代目のクリスチャン。著書に『私が出会った一冊の本』(共編著、新曜社)ほか、訳書にJ・ハーヴェイ『黒服』(研究社)、E・ボウエン『あの薔薇を見てよ-ボウエン・ミステリー短編集』『幸せな秋の野原-ボウエン・ミステリー短編集2』(ミネルヴァ書房)、『エヴァ・トラウト』『リトル・ガールズ』『愛の世界』(国書刊行会)などがある。

同じ著者・訳者の作品

ボウエン幻想短篇集

20世紀最高の女性作家エリザベス・ボウエンの作品の中から、選りすぐりの幻想譚17…

愛の世界

第一次大戦で引き裂かれた恋人たちと、新しいヒロイン、ジェインが明らかにする過去の…

リトル・ガールズ

大戦によって引き裂かれたセントアガサ女学校の3人の少女たちが、50年後〈オールド…


>> もっと見る

ページトップへ