1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. ジル 上

ジル

ジル 上

発売日 1987/08/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02721-4

ページ数 350 頁   

定価 3,132円 (本体価格2,900円)

内容紹介

デカダンスの底からも“ヨーロッパの再生”を希求し、恋から政治へ、革命から情事へと、ゆれ動く青年――ジル。知識人の、大戦間の動乱の歩みをつづる、ドリュの思想と生涯の総決算たる力作。

著者紹介

ドリュ・ラ・ロシェル (ドリュラロシェル)

1893年~1945年。フランスの作家。第一次大戦の兵役から帰還後エッセイ、小説を発表し始める。ヨーロッパを堕落から再生する思想としてファシズムを評価し、対独協力者となった。パリ解放後逮捕状が出たが、潜伏していたパリで自殺する。

若林真 (ワカバヤシシン)

1929年、新潟県生まれ。慶応義塾大学文学部仏文科卒業、同大学院博士課程修了。現在、慶応義塾大学文学部教授。著書-『海を畏れる』(小説)、『絶対者の不在』(評論集)、『二十世紀のフランス文学』(共著)、『現代フランス文学作家作品事典』(共編)。訳書-ジッド『贋金つかい』他13点、モーリヤック『癩者への接吻』、ユルスナール『夢の貨幣』、ロブ=グリエ『快楽の館』ほか。

同じ著者・訳者の作品

ジル 下

デカダンスの底からも“ヨーロッパの再生”を希求し、恋から政治へ、革命から情事へと…

秘められた物語/ローマ風幕間劇

最晩年ドリュが自らへの挽歌を秘かに綴り、死後61年に刊行され、ドリュ復権の口火を…


ページトップへ