1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. 死都ブリュージュ/霧の紡車

シトブリュージュキリノボウシャ

死都ブリュージュ/霧の紡車

発売日 1984/07/01

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02714-6

ページ数 405 頁   

定価 3,780円 (本体価格3,500円)

内容紹介

亡き妻の面影をいだきつつ男が彷徨う、憂愁に沈む運河の町ブリュージュ……。ひとつの都市を小説の主人公にすえた名作『死都ブリュージュ』に遺作の短篇を併録したベルギーの文人ロデンバックの小説集。

著者紹介

ジョルジュ・ロデンバック (ジョルジュロデンバック)

1855年ベルギー生まれ。ガン大学で法律を学ぶかたわら第一詩集『炉端の野辺』を発表。弁護士を志してパリに法律研修に出た後、ブリュッセルに出て、「若きベルギー」派の主要リーダーとなる。再びパリに戻った後、「フィガロ」誌に『死都ブリュージュ』を発表。パリに住みながら、故郷フランドルの風物をうたった多くの詩作を残す。1898年没。

田辺保 (タナベタモツ)

1930年~2008年。京都大学大学院仏文科博士課程単位取得中退。大阪市立大学名誉教授。著書・訳書多数の業績に対しフランス政府よりパルム・アカデミック・シュヴァリエ受賞。

倉智恒夫 (クラチツネオ)

1936年生まれ。千葉大学教授。専攻フランス文学。訳書にロデンバック『死都ブリュージュ/霧の紡車』(国書刊行会)、チャドウイック『象徴主義』(研究社)など。

死都ブリュージュ/霧の紡車


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

三つの教会と三人のプリミティフ派画家

グリューネヴァルトの十字架刑図、ルネサンスの聖母子像、ノートルダム大聖堂の神秘に…

肉体と死と悪魔

肉体と死と悪魔

マリオ・プラーツ
倉智恒夫 他訳

定価5,400円(税込)

イタリアの碩学プラーツが、ロマン派から世紀末デカダン派にいたるヨーロッパ19世紀…

ブルゴーニュ公国の大公たち

ホイジンガの『中世の秋』と並び称されるヨーロッパ中世史の基本的名著、待望の翻訳。…


>> もっと見る

ページトップへ