1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. ドイツ・ロマン派論考

ドイツロマンハロンコウ

ドイツ・ロマン派論考

発売日 1997/03/04

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02688-0

ページ数 524 頁   

定価 6,480円 (本体価格6,000円)

内容紹介

時代を彗星の如く駆けぬけた一群の人々――ドイツ・ロマン派とは何か。秩序と渾沌の、現世と夢想の狭間を揺れ動く彼らの全体像の把握は可能か。フーフ、ルカーチ、アドルノら現代批評家による論考集。

著者紹介

薗田宗人 (ソノダムネト)

深見茂 (フカミシゲル)

同じ著者・訳者の作品

ノヴァーリス

詩の精神による世界変容という壮大な構想「魔術的観念論」を、“文学のカノン”メルヒ…

無限への憧憬

当時の活溌な論議の中で発表された夥しい論作に触れずしてロマン派運動昂揚の意義の把…

太古の夢 革命の夢 

詩人たちは世界をロマン化した。自然を、歴史を、国家を。全てが幻視の対象となり、あ…


>> もっと見る

ページトップへ