1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ラテンアメリカ文学 > 
  4. 時との戦い

トキトノタタカイ

時との戦い

発売日 1981/12/31

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-02656-9

定価 1,944円 (本体価格1,800円)

内容紹介

若年時、パリでシュルレアリスム運動に加わり、レサマ=リマと共に今日のキューバ前衛主義を代表する奇才《魔術的レアリスム》のもう一人の巨人カルペンティエールが、自らのオブセシオンとも化した《時間についての目眩く観想》を展開した驚異の作品集。

著者紹介

アレホ・カルペンティエール (アレホカルペンティエール)

1904年~1980年。スイスに生まれ、フランスを経てキューバに帰国、ハバナ大学で建築を学ぶ。左翼ジャーナリストとして活動し、弾圧されフランスに亡命。ブルトン、エリュアール、アルトーらシュルレアリストたちと交遊し、小説を書き始める。キューバ革命後は帰国し、カストロ政権の文化的リーダーとなった。1978年にスペイン語圏最高の文学賞であるセルバンテス賞を受賞。

鼓直 (ツヅミタダシ)

1930年生まれ。東京外事専門学校(現東京外国語大学)終了。法政大学名誉教授。訳書にガルシア=マルケス『百年の孤独』(新潮社)、ボルヘス『フロディーの報告書』(白水社)、ボルヘス『伝奇集』(岩波書店)などがある。

時との戦い


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

めくるめく世界

実在した異端の怪僧セルバンド・デ・ミエル師の波乱に満ちた生涯を元に、全篇を通じて…

春の祭典

革命にトラウマを抱くロシア女性ベラとキューバのブルジョワ家庭に育ったエンリケ。内…

創造者

創造者

ホルヘ・ルイス・ボルヘス
鼓直

定価2,376円(税込)

ボルヘス自ら最上の作品と語る代表的詩文集。収められた作品のそれぞれが一枚の鏡であ…


>> もっと見る

ページトップへ