1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. E・A・ポー

ポー

E・A・ポー

盗まれた手紙    

発売日 1993/02/04

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-02566-1

ページ数 154 頁   

定価 1,944円 (本体価格1,800円)

内容紹介

臨終の人間に催眠術をかけて、死の侵入をどこまで阻止できるかをはかる奇怪な実験の物語『ヴァルドマル氏の病症の真相』。大都会の雑踏を意味もなくさまよう一人の男を描き、近代人の心理を透徹した眼でえぐった『群衆の人』。四千トンにもおよぶ巨大な幽霊船に乗って地球の極へ流される船員の驚異の告白『壜のなかの手記』。スペイン異端審問所の恐怖と残酷の拷問『落し穴と振子』。分析的知性の名探偵デュパンものの最高作『盗まれた手紙』全五篇を収録。

著者紹介

E・A・ポー (エドガーアランポー)

1809-49。アメリカの詩人・小説家。推理小説の祖。主な作品に「黒猫」「黄金虫」がある。

富士川義之 (フジカワヨシユキ)

1938年生まれ。評論家・英文学者。著者に、『風景の詩学』『記憶のランプ』『幻想の風景庭園』など。

E・A・ポー


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第8巻 8

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…

新編・日本幻想文学集成 第2巻

澁澤龍彦、吉田健一、花田清輝、幸田露伴の作品全46編を収録。小説なのかエッセイな…


>> もっと見る

ページトップへ