1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. カフカ  

カフカ  

カフカ  

禿鷹  

発売日 1993/05/08

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-02559-3

ページ数 134 頁   

定価 1,782円 (本体価格1,650円)

内容紹介

アフリカの黄金海岸で捕獲された1匹の猿が、さまざまな訓練・授業によってヨーロッパ人の平均的教養を身につけ、自らの半生をアカデミーに報告する(「ある学会報告」)。悪夢の世界を現出する短篇11篇。

著者紹介

カフカ (カフカ)

1883-1924。チェコスロバキア、プラハ生まれの小説家。「変身」 「審判」 「城」。

池内紀 (イケウチオサム)

1940年生まれ。東京大学大学院修士課程修了。ドイツ文学者。主要著訳書:『ウィーンの世紀末』白水社(1981年)、『温泉』白水社(1982年)、『恋愛読本』彌生書房(1984年)、『猿飛レゲンデ』沖積舎(1985年)、ブライ『同時代人の肖像』法政大学出版局(1981年)、アメリー『罪と罰の彼岸』法政大学出版局(1985年)など。

カフカ  


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第6巻

幻妖メルヘン集。ある日届いたふしぎな手紙「どんぐりと山猫」。金色の輪が導く死の世…

新編・日本幻想文学集成 第2巻

澁澤龍彦、吉田健一、花田清輝、幸田露伴の作品全46編を収録。小説なのかエッセイな…

ウィーン

ウィーン

池内紀

定価4,320円(税込)

成熟から爛熟の過程にあった1つの有機的な精神空間――世紀末ウィーン。そこに漂って…


>> もっと見る

ページトップへ