1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 現代ドイツ幻想短篇集
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. 現代ドイツ幻想短篇集

ゲンダイドイツゲンソウタンペンシュウ

現代ドイツ幻想短篇集

発売日 1990/05/14

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02513-5

ページ数 360 頁   

定価 3,356円 (本体価格3,107円)

内容紹介

マイリンク、エーヴェルス、シュトローブル等の今世紀初頭のグロテスク派、及びそれ以後現代に至るまでのドイツ幻想作家による、夢と狂気、神秘と恐怖とに満ちた珠玉のアンソロジー。

著者紹介

グスタフ・マイリンク (グスタフマイリンク)

1868-1932。オーストリアの作家。神秘小説「ゴーレム」で名高い。

前川道介 (マエカワミチスケ)

1923年~2010年。京都大学大学院中退。同志社大学名誉教授。著書に、「ドイツ怪奇文学入門」(綜芸社)、「ドイツ怪奇物語」(潮文社)、訳書に「ドイツ・ロマン派全集」全22巻、「現代ドイツ幻想短篇集」(ともに国書刊行会、編集・共訳)、エーヴェルス「プラークの大学生」、ハルボウ「メトロポリス」(ともに東京創元社)などがある。

現代ドイツ幻想短篇集


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

ワルプルギスの夜

マイリンクは幻想文学の巧みなテロリストである。(J・L・ボルヘス) 全15…

独逸怪奇小説集成

独逸怪奇小説集成

前川道介

定価5,184円(税込)

エーヴェルス、ホーフマンスタール、クビーン、シェーアバルト――19世紀から20世…

ホフマン

17世紀ローマの謝肉祭を背景にした仮面喜劇「ブランビラ姫」はボードレールをして「…


>> もっと見る

ページトップへ