1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 評論・随筆

ヒョウロンズイヒツ

評論・随筆

発売日 2004/03/19

判型 A5判   ISBN 978-4-336-02500-5

ページ数 630 頁   

定価 6,480円 (本体価格6,000円)

内容紹介

「ウォルト・ホイットマン氏」「ホーソーン」「小説の技法」「エマソン」「ギ・ド・モーパッサン」「ギュスターヴ・フローベール」「バルザックの教訓」「新しい小説」、旅行記「ロンドン便り」自伝、書簡他。

著者紹介

ヘンリー・ジェイムズ (ヘンリージェイムズ)

1843年~1916年。アメリカに生まれる。兄はプラグマティズムを代表する哲学者・ウィリアム・ジェイムズ。裕福な家に生まれ、少年期よりヨーロッパ各国を訪問し、国際的な感覚を身につけた。ハーバード大学を中退後、小説を発表し始める。英国に拠点を移し、モーパッサンやフローベール、ゾラ、テニソン、ジョージ・エリオットらと交友した。心理主義的長編の佳作を多く残し、英米心理主義小説の先駆者として知られる。19世紀から20世紀の英米文学を代表する小説家。

青木次生 (アオキツギオ)

工藤好美 (クドウヨシミ)

1898年~1992年。早稲田大学英文科卒業。オックスフォード大学教授、京都大学教授などを歴任。訳書に「ジョージ・エリオット著作集」など多数。

同じ著者・訳者の作品

ポイントンの蒐集品/メイジーの知ったこと/檻の中

複雑な家庭環境の中で成長する少女メイジーの意識を通して、大人の醜い、怖ろしい、愚…

鳩の翼

ミリー・シールは巨万の富を相続した病身の孤児である。ミリーは自分の愛したデンシャ…

ある婦人の肖像

純情で理知的で才気煥発なアメリカ生まれの娘イザベル・アーチャーのヨーロッパ探究を…


>> もっと見る

ページトップへ