1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ロシア文学 > 
  4. テアトル Ⅰ

テアトル

テアトル  

未来派の実験  

発売日 1989/04/26

判型 A5判   ISBN 978-4-336-02478-7

ページ数 410 頁   

定価 4,404円 (本体価格4,078円)

内容紹介

未来派のパフォーマンス、エヴレイノフの演劇、舞台美術の革命タイーロフのウルバニズム――見世物小屋的発想から演劇の活性化を仕掛けたプレ・アヴァンギャルド芸術家たちのドキュメント。

著者紹介

浦雅春 (ウラマサハル)

1948年生まれ。早稲田大学大学院露文科博士課程中途退学。東京大学大学院総合文化研究科教授。訳書にゴーゴリ『鼻・外套・査察官』(光文社古典新訳文庫)、 『チェーホフ傑作短篇集』(河出文庫)などがある。

武隈喜一 (タケクマキイチ)

岩田貴 (イワタタカシ)

同じ著者・訳者の作品

チェゲムのサンドロおじさん

豪放磊落な主人公サンドロを中心に、旧ソ連、黒海沿岸の国アブハジアの人々の生活と文…

テアトル Ⅱ

劇場の閉ざされた舞台から街頭へ―演劇の革命化を企てたソビエト演劇は既成の演劇理念…


ページトップへ