1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. イタリア文学 > 
  4. 肉体と死と悪魔
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 肉体と死と悪魔

ニクタイトシトアクマ

肉体と死と悪魔

発売日 1991/06/09

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02451-0

定価 5,242円 (本体価格4,854円)

内容紹介

著者紹介

マリオ・プラーツ (マリオプラーツ)

1896年~1982年。ローマ大学卒業後イギリスに渡り、リヴァプール大学やマンチェスター大学でイタリア文学を講義。イタリアに帰国後ローマ大学の英語・英文学科教授を勤める。イギリス文学研究をはじめ、ルネサンス関係等の美術評論など膨大な著作を残す。ルキノ・ヴィスコンティ監督『家族の肖像』の主人公老教授のモデルとされ、現在旧宅が「マリオ・プラーツ美術館」として公開されている。

倉智恒夫 (クラチツネオ)

1936年生まれ。千葉大学教授。専攻フランス文学。訳書にロデンバック『死都ブリュージュ/霧の紡車』(国書刊行会)、チャドウイック『象徴主義』(研究社)など。

肉体と死と悪魔


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

肉体と死と悪魔

肉体と死と悪魔

マリオ・プラーツ
倉智恒夫 他訳

定価5,400円(税込)

イタリアの碩学プラーツが、ロマン派から世紀末デカダン派にいたるヨーロッパ19世紀…

室内

光と闇のあわいに展開されるメーテルランクの戯曲『室内』『タンタジルの死』。秋と黄…

死都ブリュージュ/霧の紡車

亡き妻の面影をいだきつつ男が彷徨う、憂愁に沈む運河の町ブリュージュ……。ひとつの…


ページトップへ