1. トップページ > 
  2. 法話 > 
  3. 現代文 説教の秘訣 増補版
  1. トップページ > 
  2. 浄土真宗 > 
  3. 現代文 説教の秘訣 増補版

セッキョウノヒケツ ゾウホバン

現代文   説教の秘訣 増補版

大須賀順意 著
府越義博 編訳

発売日 2014/10

版型 A5判/上製 / ISBN 978-4-336-05869-0

ページ数 292 / Cコード C2015

価格 4,104円 (本体価格3,800円)

ポイント 190ポイント (本体価格の5%)

※在庫あり

  • ※会員登録し、ログインするとご購入いただけます。
  • ※寺院様向け専用サイトとなっており、一般の方の会員登録はお受けできません。
  •  その昔、説教者としての修行は、著名な説教者に随行し、師の身の回りの世話をしながら、あるいは合宿して集中し、普段の態度、挙措心得を学び鍛えられるもので、説教の内容も含め、それらは秘中の秘、口伝による奥義であった。
     説教を基礎から学ぶ初心者向けに書かれた大須賀順意『説教の秘訣』を読みやすい現代文で示し、府越義博による「説教台本作成法」と「武藤幸久真宗説教本コレクションリスト」を付す。今回の増補にあたり、「説教台本作成法」を初心者にもより分かりやすく改めた。
     第1章では、布教師としての日常的心構えや、登壇にあたっての覚悟が説かれる。
     第2章では、布教師としての声の鍛え方、修辞法、才智、学問的教養について述べる。
     第3章では、説教の構成法を4種に分かち、原稿の作り方を記す。
     第4章では、第3章で示した各構成法の例題を示す。
     第5章では、布教師としての熟達度を10段階に分けて示す。布教師は自身がどの段階にあるのか見極め、順々と次の段階に到達できるよう精進すべきである。本書の10段は「段外の1段」という妙境に至るための方便である。
     これから布教師を志す僧侶だけではなく、布教の第1線に立つ僧侶もさらなる向上のために、本書を熟読することを勧めるものである。
  •  『世教の秘訣』現代語訳に寄せて【神子上惠群】
     はじめに【府越義博】
    説教の秘訣【大須賀順意】
    第一章 練習の注意
     第一節 精神の修養
      一 信念の修養
      二 思想の向上
      三 心理の活用
      四 説教三昧
      五 高座上の注意
     第二節 言語の練習
      一 聖教熟読
      二 平生の談話
      三 家人との対話
      四 他人の説教
      五 音声の独習
     第三節 態度の注意
      一 平生の態度
      二 出仕の姿勢
      三 高座上の威儀
      四 視線の注意
      五 説教の服装
    第二章 説教の基礎
     第一節 音声の練磨
      一 学者風の考え
      二 説教専門家の説
      三 私の実験談
     第二節 弁舌の修練
      一 言語の使用法
      二 正  則
       一項 語色法 十一種
        (一)形容法 (二)比喩法 (三)対句法 (四)畳字法
        (五)進級法 (六)設問法 (七)循環法 (八)寓言法
        (九)罵誚法 (十)写音法 (十一)隠現法
       二項 言語の八詞格
        (一)露骨格 (二)痛哀格 (三)平易格 (四)単素格
        (五)周密格 (六)華麗格 (七)雄烈格 (八)滑稽格
      三 変  則
     第三節 才智の修養
      一 天才の有無
      二 構成についての才智
      三 時機を知る才智
     第四節 学問の態度
      一 学問の必要
      二 普 通 学
      三 専 門 学
    第三章 説教の組織法
     第一節 組織の形式
      一 組織法の必要
      二 三 分 式
      三 四 部 式
      四 五 段 法
      五 変 則 式
     第二節 讃題の区別
      一 連 讃 題
      二 乱 讃 題
      三 一文の見渡し、一句の見込み、一字の見立て
     第三節 腹稿の注意
      一 全文の草稿
      二 略 腹 稿
     第四節 説教の二大区別
     第五節 聴衆の機類
     第六節 注意数件
      一 引文の心得
      二 説教の席数
      三 参考書の選択
      四 大堂の音声
    第四章 説教の例題
     第一 三分式 二席
      その一
      その二
     第二 四部式 二席
      その一
      その二
     第三 五段法 一席
     第四 変則式 一席
    第五章 説教の階段
     段道十段
     初 段 初入未得位
     第二段 弁舌練磨位
     第三段 唯弁無法位
     第四段 弁舌選択位
     第五段 好悪不定位
     第六段 自心為本位
     第七段 自心入衆位
     第八段 自語多材位
     第九段 自心分別位
     第十段 任運自在位
     段外の一段

    説教台本作成法【府越義博】
    一 台本作成の意義
    二 構 成 法
     全体の長さ
     讃  題
     法  説
     譬  喩
     因  縁
     結  勧
    三 正則の台本作成法
    四 変則の台本作成法
    五 弁ずるための心得
     台本暗記のコツ
     時間の長短を自在に
     必ず現場を踏んでおくこと
     涙を止めるな
     譬喩や因縁談の必要性
    六 説教の口伝

    武藤幸久真宗説教本コレクションリスト【府越義博】

関連書籍

法話の本